近代英語について

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数636
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    近代英語について論じなさい。
     印刷術以前、英語の書き手は自分で好きなように綴り方を使うことができたが、初期の印刷業者はまちまちな綴り方を嫌い、共通の綴り字の体系に変えようとした。当時、英語の発音が大きく変化する大母音推移と呼ばれる時期であり、発音の主な変化は以下のようなものである。
    長母音[a:]は、二重母音→[eI]への変化。(例:nameなど。「ナーメ」→「ネィム」。)
    長母音[ε:]や[e:]は、長母音[i:]への変化。(feelなど。「フェール」→「フィール」。)
    長母音[i:]は、二重母音[aI]への変化。(timeなど。「ティーメ」→「タィム」。)
    長母音[ɔ:]は、二重母..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。