アンダスンとヘミングウェイについて

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数430
ダウンロード数13
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    S.アンダスンとE.ヘミングウェイについて、代表作をあげながら論ぜよ。
    アンダスン(Sherwood Anderson, 1876 -1941)は農業中心社会から工業中心社会へと変わっていく19世紀後半のアメリカで、その変化の一番激しかった中西部のオハイオで生まれ育った。機械文明の侵入によって人々の生活やものの考え方が変わっていく姿や、精神の荒廃など、中西部の牧歌的な世界と、その一見平和な生活の表面下に潜む人間の心理や衝動を、19世紀から20世紀にかけてのアメリカ社会の変化を描いた作家である。「心理的リアリズム」で知られ、「心」を書いて、「瞬間」の中に捕捉された人生の真実・美しさを描く作家であ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。