コメニウスの教授学

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数1,598
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    コメニウスの教授学や一斉授業について述べ、現在の学校教育における意義を考察せよ。
    コメニウスはキリスト教的世界観から教育目的を導出し、「教育は実に万人に対して必要なものである」と述べている。すなわち人間は神に似せて作られた神の魂を吹き込まれた存在であり、現生は永遠の世界へ帰るための準備期間であると考え、死後の生に対する課題として「博識」「道徳」「宗教・敬虔」の3つを挙げた。この3要素を発展させるためには祈祷や学習によって知識を獲得し、道徳的な人間性を育み、宗教的な信仰心を身につけるように教育されなければならない。
     コメニウスはすべての青少年の教育のために、貧富の別、男女の別、身分の別なく、す..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。