幼児虐待の原因と背景

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数6,933
ダウンロード数18
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    増加傾向にある幼児の虐待に関して発生する背景や要因として考えられるのは、幼児を養育する親の生育暦・ストレス・社会的孤立など様々なものが挙げられる。親の養育態度が子どもの発達に決定的な影響を及ぼす。その親が、小さい頃から親自身が虐待を受けて育っていたりすると、安定した人間関係を築くことが難しくなり、暴力を受けた体験を、今度は自分の子どもに再現してしまうこともある。次に、生活するうえでのストレスである。子どもがいつまでも泣き止まないのに対しストレスを感じたり、育児をしていく上での不安、また経済的な問題なども原因である。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    増加傾向にある幼児の虐待に関して発生する背景や要因として考えられるのは、幼児を養育する親の生育暦・ストレス・社会的孤立など様々なものが挙げられる。
     親の養育態度が子どもの発達に決定的な影響を及ぼす。その親が、小さい頃から親自身が虐待を受けて育っていたりすると、安定した人間関係を築くことが難しくなり、暴力を受けた体験を、今度は自分の子どもに再現してしまうこともある。
     次に、生活するうえでのストレスである。子どもがいつまでも泣き止まないのに対しストレスを感じたり、育児をしていく上での不安、また経済的な問題なども原因である。子どもが何か問題を起こせば、「母親の育て方が悪い」と言われかねない現代社会、育児責任からも大きなストレスを感じているのである。子どもが自分の思い通りにしてくれない手のかかる子には親も否定的な感情を持ってしまい、対応におわれて、余裕が無くなり、虐待してしまうこともある。障害児だった場合はなおさらであろう。さまざまな生活上の不満やストレスは、いらだちや暴力を引き起こすのである。
    そして、少子化・高齢化・核家族化による人間関係の希薄化も重要な要因であることに違いない。地域の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。