「キレやすい子」のアセスメント

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数649
ダウンロード数21
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    (1)状況認知能力との発達
    ?感情の発達
    感情は乳幼児期に、快・不快感情から分化され、自分自身や周りから快刺激により弁別能力が発達する。健康な感情の発達は、快刺激を多く受け弁別能力が発達する場合に豊かに育つ。キレにくい子は感情が分化されており、不快刺激に対し感情の質や量を適切に認識する能力も認識できるため、不快刺激をコントロールできる。キレやすい子は、多くの快刺激を受けて育ってきていないために快刺激の幅が限定され、それ以外は不快刺激であると認識してしまい、弁別能力も未発達なのである。ここでは、感情を分化させ怒りの感情を収める受け皿を多くし、適切な反応を選択することが必要である。
    ?思考の発達
    感情の理解には、客観的な思考能力の発達が必要である。状況の的確に理解には、相手の視点での全体を見通し、状況の予測、他の状況との比較する力も必要になり、そのためには具体的な出来事を客観的に理解する力が育っていなければならない。キレにくい子は、感情の分化ができており、どのように表現すればよいか理解できる。言語化して弁別する能力も育っている。キレやすい子は思考能力の未熟さゆえに、直感的思考および自己中心的思考にとどまってしまっている。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    (1)状況認知能力との発達
    感情の発達
    感情は乳幼児期に、快・不快感情から分化され、自分自身や周りから快刺激により弁別能力が発達する。健康な感情の発達は、快刺激を多く受け弁別能力が発達する場合に豊かに育つ。キレにくい子は感情が分化されており、不快刺激に対し感情の質や量を適切に認識する能力も認識できるため、不快刺激をコントロールできる。キレやすい子は、多くの快刺激を受けて育ってきていないために快刺激の幅が限定され、それ以外は不快刺激であると認識してしまい、弁別能力も未発達なのである。ここでは、感情を分化させ怒りの感情を収める受け皿を多くし、適切な反応を選択することが必要である。
    思考の発達
    感情の理解には、客観的な思考能力の発達が必要である。状況の的確に理解には、相手の視点での全体を見通し、状況の予測、他の状況との比較する力も必要になり、そのためには具体的な出来事を客観的に理解する力が育っていなければならない。キレにくい子は、感情の分化ができており、どのように表現すればよいか理解できる。言語化して弁別する能力も育っている。キレやすい子は思考能力の未熟さゆえに、直感的思考および自己中心的思..

    コメント2件

    69sex 購入
    参考になりました
    2006/12/15 9:59 (10年前)

    guanyu 購入
    参考になりました
    2007/01/16 16:43 (9年11ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。