国際政治学(1分冊)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数10
閲覧数1,052
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     国際社会の形成は主権国家の成立に始まり、それによってヨーロッパ国家系といわれる国際社会の原型が成立する。これを支えたのは国家主権の観念であり、国際社会の多元性、国家の独立は、これによるものである。国家主権の観念を、国家権力の最高絶対性を意味するものとして最初に体系化したのは、ジャン・ボダンで、権力を国王に集中し、ローマ教皇や神聖ローマ皇帝の普遍的な権威の排除をすることで、中央集権的絶対主義国家が生まれた。このような国家主権の確認は最後の宗教戦争である三十年戦争がウェストファリア条約によって終結したことが国際政治学では、ヨーロッパ国家体系の始まりであり、このような協議と合意の方法で対立を解消する形が定着した。その後、ウェストファリア体制により主権国家体制が生じた、18世紀になると英と仏による植民地争いが始まり、英が世界的な植民地帝国を形成し、欧州の国際社会において5大国(英、仏、露、オーストリア、プロイセン)の間でナショナリズムの対立と勢力均衡が国際政治の基調を形成し、安定に寄与した。19世紀になるとウイーン体制がヨーロッパの国際関係に定着した。ウイーン体制は、コンサート・オブ・ヨーロ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。