保健体育講義Ⅰ(1分冊)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数461
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    生活環境とは、「個人にとって外界現象の総合である」とテキストに記されているように、外界現象とは、私たち人間を取り巻くものである。その中には、生きていくために必要とされる、空気・食物などにも起因している。人間が生きていくためには、生き物の命を戴いて食としている。魚は水中で育ち、水の中にいる微生物を食としている。野菜は、土と太陽の光と水がなければ育たない。土の中には数え切れないほどの細菌が生存している。
    このように、人間の生存に生活環境は密接に関係している。
    生活環境は物理的環境・科学的環境など、5つの因子に分けられ、物理的環境には空気・音・熱・放射線などがある。
    放射線といえばチェルノブイリ発電所の爆発事故があげられるが、20年後の今も深刻な状況である。爆発によってセシウムなどの大量の放射性物質が大気中に放出され、たくさんの人が被爆した。日本でも放射性物質を含んだ雨が観測されている。また、農作物や家畜などにも影響を及ぼし、ヨーロッパ産の麦を使ったパスタなどが日本の店頭から消えた。
    事故から5年後くらいから小児甲状腺ガンが多発し、放射能に汚染された土地に住み続けてきた住民は低放射線をすこし..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。