経済学(1分冊)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数14
閲覧数496
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    経済企業社会市場生産消費者価格自然需要消費

    代表キーワード

    経済経済学

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     完全競争市場とは、消費者や生産者一人ひとりが市場に対して影響力を持たない状態である。市場に多数の売り手と買い手がいるために、価格が市場に需給により決定され、どの需要者・供給者も、自分で価格を決定できないような経済状態のことである。つまり、価格だけを判断基準にして行動する行為であり、経済学の理想と呼べる市場である。このような、自分で市場価格を変えることができない経済主体をプライス・テイカーと呼ぶ。
     完全競争市場が機能する条件として、①需要者、供給者ともにほぼ同程度の購買力、供給力をもつ者が多数存在して、両者とも市場価格を単独で左右するような大きな影響力を市場に持ちえないこと②社会の資本、生産要素は各産業に自由に参加し、あるいはこれから退くことができるような条件が満たされていること③需要、供給の両者はともに、経済行動をするうえでの完全な知識をもち、同時に将来を予測する予想に誤りのないこと。④財の同質性、同一市場で取引される財が同質的であることの4つを挙げることができる。
    次に、需要曲線と供給曲線の交点を均衡点といい、消費者は希望する価格と量で購入することができ、生産者も希望する価格と量..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。