政治学(2分冊)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数10
閲覧数281
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    憲法法律内閣国会問題議員立法表現

    代表キーワード

    憲法法律政治学

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     法律の原案のことを法案といい、法案は衆議院、参議院の両議院で可決されることにより法律になる。近代以降の法律は、議会の議決を経て制定される。
    国会が国の唯一の立法機関であるので、発案は議員の発議、他院の提出、内閣の提出の3種類があるといえる。
     議員の発議とは、議員が自分の属する議院に審議を求めるために議案をだすことで、議員が法律案を「発議」するためには、一定数以上の賛成者を要するとしている(国会法56条)。国会法によると衆議院においては20人以上、参議院においては10人以上の賛成を要する。ただし、予算を伴う場合には、衆議院においては50人以上、参議院においては20人以上としており、内閣に対して意見陳述の機会を与えている(国会法57条の3)。 
     内閣が法律案を提出して行う場合は、内閣に法律案提出権が認められるか否かは、憲法上、明示的規定がないために問題となる。この問題については、以下の立場がある。
    国会が国の唯一の立法機関であることを理
    由に、否定する立場。
    ②議案に法律案が含まれると解釈して否定する立場。
    ③日本国憲法は議院内閣制を採用しており、国会と内閣の協働が予定されていること..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。