法学(1分冊)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数372
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    刑法社会解釈問題目的裁判意義理解生活意味

    代表キーワード

    法学刑法

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    法の解釈とは、実定法に含まれている法規範の意義を明確にすることをいう。合理的な決定に到達するための法分野の実践的議論の一分野が法の解釈である。もとよりの法の解釈は、法全般の共通の問題であるが、その方法は、民事法(民法)と刑事法(刑法)とでは異なっている。
    刑事法には、民事法と異なった解釈に対する制約が、国民の基本的人権を擁護するために要請されている。それが罪刑法定主義から派生される厳格解釈、換言すれば類推解釈の禁止の原則である。その結果たとえ反社会的行為であったとしても、刑事法規に明確に法文化されていない場合には既存のそれに類似する条文を類推したり、みだりに拡大して解釈されてはならず、それによって被告人を有罪とすることはできないのであり、この場合裁判官は、法の厳格な解釈により、法の適用を拒絶できるのである。
    このことは条文解釈ばかりでなく、法の適用の前提となる事実問題、すなわち事実認定についてもいえることである。つまり、犯罪事実が合理的な疑いを超える程度にまで立証されなければ、被告人を有罪とすることはできないということである。このことを表現したのが「疑わしくば被告人の利益」、つまり「無..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。