哲学(1分冊)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数440
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    アリストテレスは経験的事象を元に演繹的に真実を導き出す分析論を重視した。このような手法は 論理学 として、 三段論法 などの形で体系化された。 アリストテレスの死後、彼の論理学の成果は『オルガノン』(Organon)として集大成され、これを元に 中世 の学徒が論理学の研究を行った。
    経験論とは、人間の全ての知識は、我々の経験の結果である、とする 哲学 上または 心理学 上の立場である。
    経験論は我々の 理論 は 直観 や 信仰 よりむしろ世界についての我々の 観察 に基礎に置くべきだとする近代の科学的方法の核心であると一般的にみなされている。その方法とは、 実験 による調査研究、 帰納 的 推論 、 演繹 的 論証 である。
    アリストテレスの演繹的に真実を導き出す分析論に対して、データから理論を導き出す帰納的推理は ベーコン によって始められ、 J.S.ミル 『論理学体系』においてある程度体系化され、その後近代 論理学 や 統計学 と結びついて研究されている
    ベーコンは、旧来のアリストテレス論理学関係の諸研究(オルガノン)を批判し,新しい論理学の方法を提唱して諸学問近代化への途を開いた..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。