教育学特殊講義A(スクーリング)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数292
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『保育者にとっての援助とは』
    保育とは保育者がやりたいことを子どもに無理にさせるのではなく、保育者がこうさせたいという期待を持ち、あくまでも子どもが中心となって活動することが基本である。保育者は、目標とする期待する成長像に近づけるように、うまく子どもを導いていく。それが援助なのだと思う。子どもたちが思い通りに動いてくれないこともあるし、またその逆もしかりで、保育者の援助次第で子どもたちはたくさんのことを吸収して成長していくものである。保育をする上で、援助とはとても重要なものなのであり、この援助に対する奥深さに興味を持ち、第6章について取り上げ、援助の大切さについて述べていきたいと思う。
    私が幼..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。