学級経営2分冊

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数410
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    はじめに、我が国の現代社会問題として「いじめ」や「不登校」などの問題が挙げられている。また、「学級崩壊」という言葉が1997年頃から新聞やマスコミにも登場するようになった。「学級崩壊」とは、授業の不成立や学級の機能が停止した状態を表す言葉である。
     それらの問題解決を目標に「いじめや不登校の子をださない学級づくり」そして「学級崩壊を起こさない学級づくり」を考察する。
    <「いじめや不登校の子をださない学級づくり」>
    まず、「いじめ」や「不登校」問題の原因を挙げる。
    ・愛情飢餓状態に陥っている生徒による「いじめ」
    ・教師による「えこひいき」や「差別」に対する腹いせ
    ・口頭:陰口・からかい・あざけり・悪口・言葉の脅し
    ・持ち物への侵害:隠す・捨てる・壊す
    ・いやがらせやお節介
    ・暴力
    ・仲間による強制使役・たかり
    ・集団による攻撃(無視・集団攻撃など)
    以上の原因をみると、多くの問題を子ども達は抱えていることが分かる。そのストレスが原因となって「いじめ」や「不登校」に発展させていると考えられる。
    教師は、常に「いじめ」や「不登校」が起こりうることを意識し、子どもの言動や態度などの観察を通して..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。