幼児理解と教育相談(1分冊)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数1,452
ダウンロード数15
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     近年、子育てに悩む親が増えている。子育ての大切さや喜びを実感できず、子育てを他者に依存する傾向、子どもにどう対応してよいかわからず、育児に強い不安感を抱く親の増加、熱心だが、いわゆる早期教育に向かう傾向、都市化や核家族化の進行、女性の社会参加の拡大や就労形態の多様化などが保育ニーズの多様化を生み出し、子育て支援の必要性を増加させているようである。
    そのようなことから、子育て支援がという制度がとても重要な意味を持つことが分かる。 幼稚園は、地域の幼児教育のセンターとして、様々な子育て支援機能を発揮し、「親と子の育ちの場」としての役割を果たしている。ここでは、幼稚園における子育て支援について具体的に取り上げ、幼稚園における子育てに対する支援の方法や内容、保育者の役割について考察していく。
    〈園庭開放〉保育時間に保育活動と連携しながら遊び場の確保をしたり、保育の終了後、園庭を開放し保護者同士の交流や子育てについて学ぶ場を提供する。たちが増えている。保育者は、子どもたちの成長・発達を見極め、その子どもたちに合うような遊びを提供したり、異年齢・集団での遊びの楽しさを得られるように促していく。ま..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。