保育内容の指導法(言葉)1分冊

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数828
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    を秘めた子どもたちに、彼らが言葉の優れた使い手となるような発達を補償してあげなければならない。幼稚園教育要領からは以下の3つのねらいが定められている。① 自分の気持ちを言葉で表現する楽しさを味わう。② 人の言葉や話などをよく聞き、自分の経験したことや考えたことを話し、伝え合う喜びを味わう。③ 日常生活に必要な言葉がわかるようになるとともに、絵本や物語などに親しみ、先生や友達と心を通わせる。(注1)葉に対する感覚や表現する力を養う。」という単なる言葉の獲得のみにとどまらないという広い意味を含んでいる。言語感覚という言語能力を引き出し、成長させるのが保育者の役目のひとつであるということである。では、言語感覚を育てるために、保育者はあるのか。
     はじめに、言語での表現とはどのようなものから成り立っているのかを考えていく。
    まず、子ども自身が言葉で表現しようとする中身を育てていくことである。、日常の保育の中で、様々な経験や体験をすることである。幼児の遊びと生活の中で実際に体験することで、子どもの内から驚きや感動など様々な感情を育むきっかけともなる。したこと、見たこと、聞いたこと、感じたこと、考..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。