保育内容の指導法(健康)2分冊

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数701
ダウンロード数14
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    子どもたちは、楽しいこと、楽しそうだなと思えることに興味を示すものである。遊びや生活の中で体を動かす楽しさを味わうためには、どのような環境と援助が必要であるかの考察していく。
    幼児期は、身体諸機能が著しく発達する時期である。子どもにとって、一日の大半は遊びの生活である。子どもは遊びを通して、実に様々な学習と体作りを実践している。していこうとする機能を自発的に使っているようである。体を使って遊ぶ自然な姿には、著しく発達する幼児期こそ、様々な力が育っていることを忘れてはならない。いろいろな「遊び」を経験していくことにより、おもしろかった、楽しかった、またやりたいなどの達成感や充実感、時には挫折感や葛藤を味わい、人間として必要なものを学んでいくのである。
     一人ひとりの子どもの興味や関心、育ちは多様であり、保育者のかかわりが適切なものとなるためには、一人ひとりの子どもの興味や関心のありようや、その子の育ちについての理解が無ければならない。子どもが初めて経験する家庭外での集団生活でまずその子個人への保育者の働きかけが、極めて重要になるのである。
    援助には直接的な援助と、間接的な援助がある具の使い方に戸惑っていたら教えてあげる、できない事に力を貸す、子どもと一緒に活動するという積極的な援助。子どもに遊びのアイディアを提供したり、遊びが豊かになるよう遊具や道具を提供したり整理したり、時には意図的に排除するなどして環境を整える援助がある。保育の現場は、子どもの生活や遊びを通して子どもの興味、関心を大切にしながら発達に必要な体験を積み重ねていく場である。 しかし、子どもは一人一人の家庭環境や生活経験がみな同じ物ではないので、それぞれに人や物事へのかかわり方や刺激の受け止め方が違ってくる。保育者は、子どもが自ら主体的に環境とかかわり、自分の世界を広げていく過程そのものを発達ととらえ、子ども一人一人の発達の特性(その子方、考え方、感じ方、かかわり方)を理解し、その子どもが抱えている発達の課題に応じた指導をすることが大切である。漠然と、生活を共にし子どもの要求にこたえるのではなく、時には自分で考えさせたり、子ども同士で教え合うように促すことも必要である。また、同じような要求でもその子の発達や心の様態によって答え方を変える必要もあるだろう。そのためには毎日、敏感に子どもの内面の動きを察知しその子が本当に求めていることは何かを推し量りその子の発達にとってどのような経験が必要かを把握しておくことが大切なのである。
     一人ひとりの発達や個性を捉え、そのあるがままを十分に認めて生かそうとすることは、集団を育てることと消して矛盾するものではない。子を育てることで集団が育ち、集団を生活する中で子が育つのである。このことから、子どもの遊びについても同じ様なことがいえるのではないのだろうかでも広げることができ、また、集団で思い切り体を動かして遊んでいる中で、個人も十分に満足して遊ぶこともできるのではないのだろうか。
     例えば、ある子どもがボールに興味を示したとする。そのとき、その子どもにボールを与えることでその子は満足するかもしれない。しかしそこで終わることなく、保育者はその子どもの発達を見極め、「こんなことができるようにしたい」という子どもの発達課題を与えることも必要なのではないのだろうか。無理なことをさせるのではなく、階段を一段一段上るように、現在の成長・発達で可能な範囲での発達課題なのである。子どもにできなさそうなことをやらせても、すぐに自身がボールを転がしたり投げたり、少しずつ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    子どもたちは、楽しいこと、楽しそうだなと思えることに興味を示すものである。遊びや生活の中で体を動かす楽しさを味わうためには、どのような環境と援助が必要であるかの考察していく。
    幼児期は、身体諸機能が著しく発達する時期である。子どもにとって、一日の大半は遊びの生活である。子どもは遊びを通して、実に様々な学習と体作りを実践している。していこうとする機能を自発的に使っているようである。体を使って遊ぶ自然な姿には、著しく発達する幼児期こそ、様々な力が育っていることを忘れてはならない。いろいろな「遊び」を経験していくことにより、おもしろかった、楽しかった、またやりたいなどの達成感や充実感、時には挫折感や葛藤を味わい、人間として必要なものを学んでいくのである。
     一人ひとりの子どもの興味や関心、育ちは多様であり、保育者のかかわりが適切なものとなるためには、一人ひとりの子どもの興味や関心のありようや、その子の育ちについての理解が無ければならない。子どもが初めて経験する家庭外での集団生活でまずその子個人への保育者の働きかけが、極めて重要になるのである。
    援助には直接的な援助と、間接的な援助がある具の使..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。