保育内容の指導法(健康)1分冊

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数841
ダウンロード数17
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    〈1.運動と発達との関連について〉
    人間の発達には、身体的発達と精神的発達の大きく二つに分けられる。幼児期の運動は、この二つ発達が大きくかかわっているのだが、どのような関係性があるのだろうか。
     幼児期には、個人差もあるが年齢によっても大きく身体的発達の変化が見られる。 幼児期はスキャモンの発育曲線にみていくと、神経系の発達が著しく、この時期に適切な運動刺激を与えることが身体的発達からも極めて大切である。身体的な発達は年齢とともに発達するが、このことは運動に必要な機能の向上によるだけでなく、神経系の発達による動作の変化の影響が大きいといえる。この期間に体育を通じて様々な運動や遊びを体験させることによって、バランス感覚・リズム感・器用さ・言語能力や運動能力が発達していく。この神経系型が発達する期間は、積極的に運動することが大切なので運動遊びを楽しいと思えるかどうかがポイントになっていく。
    を体験させ、何を感じ取らせるかが、その後の情緒の安定や状況に応じた情緒の適切な表出にとって重要なことになってくると同時に、その後の運動とのかかわりにも影響を与えることになる。したがって、保育者はこのこと..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。