学校制度と社会(2分冊)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数849
ダウンロード数15
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    学校教育の機能として、主に社会化機能、養護・保護機能、選抜・配置機能の3つが挙げられる。ここでは、社会化機能、養護・保護機能について説明しそれぞれの機能が抱える問題、課題を考えていく。
    まず、社会化機能である。社会化とは、子どもが成人役割を取得していく過程である。そして「社会化機能とは、学校は本来、社会化の一部を担う目的で制度化された社会機関であり、社会とは、その社会の文化遺産、すなわち、知識、言語、価値、技術、生活様式、習慣などを、古い世代から新しい世代に伝達することである。」(注1)社会化の一部(おもに基本的知識、技術、態度など)を計画的・組織的に担当するために生まれたのが学校であるともいえる。もともと、子どもの教育において家族は社会的および文化的価値を伝達する責任を負う。伝統は家族において学習され、強化され、世代間で伝えられる遺産の大きな一部である。同時に、既存の知恵に挑み、知識を広め、既存の制度の機能を吟味することにより、社会を再生し、変化させる。この観点から、家族は建設的な変化と開発の主要な主体であった。しかし、社会の変化とともに読み・書き・計算等の基礎的知識技能を伝達するこ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。