発達心理学(2分冊)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数614
ダウンロード数15
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    子どもは、2~3歳頃から年齢の近い子ども同士でよく遊ぶようになる。そして、幼児期には集団保育の場で多くの仲間と出会うことになる。仲間と一緒に行動したり、ぶつかり合ったりしていく中で、社会性を見につけていく。さらに、学童期の対人関係においては、仲間との関係が質量ともに重要性を増す。
    社会的には、母親への依存から徐々に脱却し、友だち関係の重みが増してくる。ただし、学童期初期の頃は、友だち関係より両親以外の価値基準を与える大人として、教師との関係が重要になる。学校という子どもたちの社会で生活することで、この時期には成人が媒介しない友だちとの相互交渉が増加し、仲のよい友だち同士で作られる集団に属するようになる。一緒に遊んだり、しゃべったりする人が友だちであるという、身体的活動を共にする相手を、友だちとみなしているようである。
    この友だちは同級生がほとんどであるが、彼らを通して、「共感性」「自己主張」「協力」「競争」「社交性」などの性格特性を獲得していく。このように、学童期の性格形成に及ぼす要因は、幼児期と異なり、親子関係より学校環境の影響が相対的に強くなっていくのである。
    学童期中期頃から、大..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。