全人教育研究Ⅰ(1分冊)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数413
ダウンロード数27
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     一八世紀後半から興った産業革命の影響により革新、工業化、機械化や技能労働力の大量化が競われ、合理的で経済効率の高い適正な人材の配置と活用に力を注ぐようになった。公教育の整備、拡充が政策の重要な柱となり、個人の持つ資質や能力の開発によって広く人材を確保していかなければならなくなった。そして、それらの要請はそのまま学校教育の課題となり、時代の要請に即応できない学校の改革が叫ばれた。さらに、工業化、機械化の急速な進展を土台とする資本主義社会は、自然科学を始めとする諸科学の発達と共に発展した。中でも、大きな影響力を持つものに「進化論」があった。その自然淘汰と最適者生存の理論の影響を受け、学校では、子どもの自由な発達、個性や能力などの研究に重点が置かれるようになった。このことが、新教育がよって立つ基盤となった。
     次に、新教育の特色と実践例について述べる。旧教育は、伝統教育に基づいた教師中心の教育であり、その内容は、古典重視の知育無味蒙昧な教科書の利用、教師による強制的な注入主義がとられ、学校では、子どもの人格や個性は無視された。一方、新教育は、「児童自ら成長していくものであり、その発達に即し..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。