図画工作(2分冊)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数363
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第5・6学年 図画工作科 授業展開例
    <授業の組立て>
     普段自分が生活している中で好きな風景を絵に表す。生活での思いがよく伝わるように、画面構成や色の使い方を工夫して絵に表す。また、表現する際に今までは平面に並んで構成されていた物体を、遠近法を用いることで奥行きを表現できることに気づかせる。
    1.テーマ
    野外でスケッチしよう(わたしの学校)
    2.ねらい
    ・見慣れた風景から、気に入った場所を絵に表し、学校への愛着を持つ。
    風景への思いがよく伝わるように、場面を構成する。
    いつものは異なる視点で風景を見て、遠近法に気づく。
    風景への思いがよく伝わるように、画面構成や色の組み合わせなどを工夫する。
    作品を見ながら、風景のどこにひかれたかなどを話し合う。
    3.制作時間  
        6時限
    4.材料と道具
       画用紙、鉛筆、水彩道具一式、画板、サインペン、など
    <授業の展開>
    指導の流れ 子どもの活動 要点 描く場所を決める。
    (45分)
    スケッチしながら、画面構成する。
    (90分)
    絵の具や筆の使い方、描画材の組み合わせ方など、表現の方法を工夫する。
    (90分)
    作品を見せあいながら、思い..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。