教師論(1分冊)平成19年版

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数494
ダウンロード数12
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    子ども宗教教師社会学校道徳思想問題家庭人間

    代表キーワード

    教師論道徳

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    <ソクラテスの教育思想>
    ソクラテス(470~399B.C)は、古代ギリシャ古典時代を代表する哲学者で、釈迦、孔子、キリストに並ぶ「世界4聖」の一人である。
    四聖にはそれぞれ弟子がおり、ソクラテスも『プラトン』という弟子がいた。ソクラテスの生涯や思想は、彼の著作『ソクラテスの弁明』『クリトン』『パイドン』に記されている。
    ソクラテスは、若者に「真の知」を明らかにさせるため、「対話(問答法)」を試みた。「対話(問答法)」とは、「節制とは何か?」「友情とは何か?」など相手の持つ考え方に疑問を投げかけ、若者に意見を求める方法である。
    ソクラテスは一切結論や解答などを示さず、若者の意見の矛盾を細かく指摘した。これには、自分自身が無知であるということを自覚させるとともに、主体的自己による真の知を獲得する目的がある。そのため、教師が結論や解答を示しては意味がなく、若者自身が問題を追及し、長い時間をかけて問題に苦しみ、真理の発見または到達させることが大切なのである。これを出産の苦しみにかけて「産婆術」と呼ぶが、後の教育界に強い影響を与えた教育法である。
    <ルソーの教育思想について>
    ルソー(1712..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。