教育の原理(2分冊)平成19年版

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数331
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    教育課程は,学校の指導のもとに生徒のもつすべての経験や活動の系列である。生徒が望ましい経験を重ね,有効な活動を行うためには,学習内容の計画のみでは十分ではない。学習内容のよい選択とともに,優れた学習指導がそれに伴わなければならない。学習指導が適切に行われることで,はじめて望ましい知識・理解・態度・習慣・鑑賞・技能を養うことができる。
    学習指導は教育内容から離れ,それだけが独立して存在するものではない。個々の教材をよく研究し吟味することで,それに最も適した学習指導が考え出される。また教育課程が生徒の発達に即さねばならないため,同時に学習指導が生徒の発達に応じたものでなければならないことを意味する。ゆえに、生徒理解が有効な学習指導を考える基礎となる。すなわち,教材の研究と生徒理解とは,学習指導を考える場合の基礎となるのである。
     一般に学習とは環境との相互交渉を通じてである。環境から様々な情報を受け取り、その情報に基づき反応し、その反応に対するフィードバックを受ける、こうした環境との相互交渉の結果が学習である。そのため、学習の成立には、学習の成立が期待されるような環境設定が必要となるのであ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。