教育の原理(1分冊)平成19年版

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数579
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    宗教子ども学校教師社会文化体育人間思想

    代表キーワード

    教育の原理教育

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

      ルネサンス とは人文主義的な文化運動で、それは古代ギリシア・ローマの華やかな頃への憧れが背景にあった。そして、中世に否定された人間関心の復興を目指しての知的・美的・社会的運動であった。ここに再び時代の文化の変化が伴い、かかわって教育をめぐる諸事態も動くこととなった。
     キリスト教思想を中心に作り上げられた中世の思想と生活と教育の論理的統一性は、個人としての人間の目覚めによって打破され、いわゆる近代を特色づける様々な興味や活動が起こってくる。中世に生み出されたこの世界観や人間観(ヒューマニズム)の特徴として、人間の自由の尊重、現在の幸福を求めること、楽天的なものの考え方、人間の肉体にも価値を認めるようになったことの4つがあげられる。人間の精神と同じように肉体にも価値を認めるようになったことで、体育も盛んに行われるようになっていった。
    体育と遊戯を重んじる楽しい学校をつくったヴィットリーノ(1378~1446)は、体罰を嫌い、生徒の学習意欲を尊重し個人の能力に合わせた教育を行なった。盛んに体育を取り入れ、「知育・徳育・体育の全人教育によって調和の取れた人間の育成をめざした教育」(注1)..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。