(教科)生活(2分冊)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数561
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    生活科とは、低学年児童がより主体的に取り組める学習活動の場を保障するために設置された、総合的に学習する教科である。
    体験的な学習を通して総合的な指導を一層推進するのが適当であり、低学年においては、児童の心身の発達状況を考慮して総合的な指導を行うことが望ましいので、生活科の設定後においても教科の特質に配慮しつつ合科的な指導を一層推進するのが適当であるとされている。低学年の学習活動全般にわたる総合学習化と従前教科についての合科的指導の推進が目指されているのである。
    児童に必要となるのは、いかに社会が変化しようと、自分で課題を見つけ、自ら学び、自ら考え、主体的に判断し、行動し、よりよく問題を解決する資質や能力であり、また、自らを律しつつ、他人とともに協調し、他人を思いやる心や感動する心など豊かな人間性である。たくましく生きるための健康や体力が不可欠であることは言うまでもない。こうした資質や能力を、変化の激しいこれからの社会を「生きる力」とし、これらをバランスよくはぐくんでいくことが重要であると考えられるようになったのである。
     これらのことから、生活科設置の意味を、単なる教科の改廃に止まるも..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。