(教科)生活(1分冊)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数564
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    生活科の教科目標として4つの視点と究極のねらいが示されている。4つの視点とは、①具体的な活動や体験を通す、②自分と身近な人々、社会及び自然とのかかわりに関心をもつ 、③自分自身や自分の生活について考えさせる 、④生活上必要な習慣や技能を身に付けさせる 、であり、究極のねらいとは「自立への基礎を養う」ことである。さらに『小学校指導書 生活編』(平成元年)においては、それぞれについて詳しい説明がなされている。
    ①具体的な体験を通す
    低学年の児童は、発達段階上遊びと活動が分化していないため、これまでのような教科書を中心にして学ぶだけの学校ではなく、具体的な活動や体験を重視して、からだ全体で学ぶ学校を創ることが肝要である。これまでの「知得」「座学」中心の学校教育ではなく、児童の五感に訴える、直接的な学習活動「体得」「体験」を取り入れた学校教育が目指されなくてはならない。 ②自分と身近な人々、社会及び自然とのかかわりに関心をもつ  生活科は学校と家庭、学校と地域との関係を見直そうとしている。生活科においては児童の生活圏は学習の場であると同時に学習の対象でもある。また、これまで家庭教育の課題であり..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。