(教科)家庭(1分冊)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数440
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    環境子ども健康問題家庭衣服方法合成生活実践

    代表キーワード

    家庭

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    子どもたちの家庭内での家事のお手伝いは減少傾向にある。洗濯機の普及により、自分で汚れた衣服を洗う機会も少ない。そこで、家庭科の授業を通して、生活技能の習得を図っていく必要がある。
    まず、洗濯の仕方を考える前に、洗濯の必要性について知る必要がある。汚れた衣服は汗を吸収しにくくなることなどに気づき、洗濯の必要性を知らせ、子どもたちの認識や思考の過程を大切にしながら、合理的な洗濯の仕方を身につけさせ、実践に導いていくことが重要である。
    また、健康にかかわって、河川の汚染の原因になっている合成洗剤についても、子どもたちが理解できる程度取り上げる必要がある。その害を少なくするために、洗剤を選ぶことや、洗剤は適量を使うことを知らせ、実践していくことが重要である。また、合成洗剤が皮膚を傷めることにも気づかせたい。手の炎症、オムツかぶれなどにもつながるということに気づいていく。洗剤の使いすぎは、川や海の汚れの原因になるだけではなく、すすぐ際に水を多く必要とすることを理解させるなど、洗濯と環境について考えさせる。そして、川や海の汚染を防ぐためにも、どうしたらよいかを話し合っていく必要がある。
     ここで、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。