(教科)音楽(1分冊)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数456
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    環境子ども音楽社会学校問題人間表現生活自己

    代表キーワード

    音楽

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「音楽」とは自己の思いや気持ち、感情を音や音楽を通して表出し、他の人間に伝達するという特性をもっている。「音楽」ではこのような音楽の特性を基盤に置き、自らを創造的に表現する力、美しさに感動する心、他と共感する心を培い、 豊かな感性を育てるように指導の工夫を図ることが大切になってくる。
    「音楽」には好みの問題や音楽にまつわる思い出(感情)など、非常に個人的な要素が大きな影響をもっている。例えば、騒々しいロックを聴いて気持ちが爽快になる人もあれば、静かにゆっくりしたクラシックでないと落ちつかない人もいる。また、ある音楽を聴くと楽しい思い出にひたれたり、逆に悲しい気分で昔のことを思い出したり、感情記憶と密接に関わっている。したがって、一概に1/fゆらぎのモーツァルトが癒し効果があるとは言えない。要は、今の気分の状態にあった音楽を聴いたり演奏したりすることが大切なのである。気分の沈んだときには静かな曲を、楽しい時には陽気な曲をというふうに、自分の気分にあった自分が気に入る曲を選択すればよいのである。  「音楽」には、個人の好みの差やその時の気分状態によって違いはあるにしても、不思議な効果を持っ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。