政治学原論(1分冊)~D.イーストンの脱行動論革命~

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数13
閲覧数2,991
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     D.イーストンはアメリカの政治学者で、彼の提唱した脱行動論とは、行動論的政治学を反省し、その問題点と新しい革命への課題を次のように指摘した。
    1技術よりも実質が優先すべきである。もし一方を犠牲にしなければならないとしたら、研究の用具を精緻化することよりも、現代の緊急な社会問題にとって妥当であり意味のあることの方がずっと重要である。
    2行動科学には、経験的保守主義のイデオロギーが内在している。事実の叙述と分析にのみ自己を限定することは、そのもっともな広範なコンテキストでこうした事実を妨げることにほかならない。
    3行動論的研究は、現実との接触を失わざるを得ない。行動論的研究の核心は抽象と分析である。そしてこれが非情な現実を包み隠す働きをしている。
    4価値の研究とその構成的展開は、政治研究から消し去ることのできない部分である。科学は反対の主張があるにもかかわらず、評価的には中立的ではあり得ないし、またそうであったことはない。それゆえわれわれの知識の限界を理解するためには、知識がそれに基づいている価値的前提と、この知識がそのために利用され得る選択肢のことを意識する必要がある。
    5各専門分野に..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。