入浴介助 事例A

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数894
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    介護技術者講習 事例A(右片麻痺、失語症、等)の模範対応及び指導内容と評価項目について
    〈入浴の介助〉
    〈基本情報〉
    山田太郎 78歳 男性
    要介護3
    ・10年前に糖尿病発症。7年前からインシュリン注射をしている。自己注射しており、コントロール状態は良好。
    ・5ヶ月前に脳梗塞を発症。4ヶ月の入院をする。自宅復帰を目指し、自宅近くの介護老人保険施設入所となる。
    ・入院していた病院では、理学療法の時間以外は歩行しておらず、廃用症候群の悪循環が進行している状態である。
    ・コミュニケーションは「はい」「いいえ」で答えられる。短文の質問ならば確実にできる。
    ・右片麻痺は下肢グレード6(背臥位で股・膝関節同時に屈曲・進展はできる)、上肢グレード3(肩・肘を同時に軽度屈曲できる)。手指グレード1(左手を握ると右手指がわずかに握る動きをする)。
    ・右利きである。
    ・立位保持は道具をつけなくても手放しで10秒以上立てる
    ・下肢に屈曲拘縮あり。
    ・失語症あり。
    ・身の回りのことはひとりでできるようにしたい。
    ・以前のように、近所の友人宅もしくは自宅で囲碁をうちたい。
    事例A
     山田太郎さんは、居室から脱衣..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。