介護サービス利用の仕組み

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数303
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    <申請>
     まずは介護を必要とする高齢者、又はその介助者(家族等)が、市区町村の窓口(役所・役場)に電話もしくは来所をして申請を行う。また、申請を代行する窓口として、居宅介護支援事業や介護保健施設もある。
    <要介護認定>
     申請後、本人の心身の状態を調べるため、市の職員又は市と委託契約を結んでいる居宅介護支援事業者や介護保険施設の介護支援専門員が訪問し調査を行う。そこで入浴や食事などの日常生活がどの程度できるのかを本人や家族から聞き取る。そして、主治医が医学的な管理等の必要性について作成した意見書を併せて提出し、コンピュータでの1次判定を行う。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    介護サービス利用の仕組みについて
    <申請>
     まずは介護を必要とする高齢者、又はその介助者(家族等)が、市区町村の窓口(役所・役場)に電話もしくは来所をして申請を行う。また、申請を代行する窓口として、居宅介護支援事業や介護保健施設もある。
    <要介護認定>
     申請後、本人の心身の状態を調べるため、市の職員又は市と委託契約を結んでいる居宅介護支援事業者や介護保険施設の介護支援専門員が訪問し調査を行う。そこで入浴や食事などの日常生活がどの程度できるのかを本人や家族から聞き取る。そして、主治医が医学的な管理等の必要性について作成した意見書を併せて提出し、コンピュータでの1次判定を行う。
     次に、1次判..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。