ライフサイクルの変化と高齢者福祉について。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数685
ダウンロード数27
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    高齢者とは、一般に65歳以上の人々のことを指し、さらに前期高齢者(74歳以下)と後期高齢者(75歳以上)に分けられる。
    今日のわが国は、2004年簡易生命表の平均寿命によると男性は78.64 歳、女性は85.59
    歳となり、男女ともに世界最高の水準に達している。これ程までに平均寿命が伸長したのは、医療の進歩、食料の量の向上、労働条件の向上、生活レベルの向上等があるといえる。また高齢化率は約20%を記録し、団塊の世代が高齢者となっていく現在、いよいよ超高齢社会に移り変わろうとしている。
     そこで以下に、ライフサイクルの変化に関することや高齢者の生活問題を述べていきたい。
    <ライフサイクルの変化に関して>
     ライフサイクルとは、生活周期ともいい、人が誕生してから死に至るまでの一連の過程を生活のレベルで捉えた観念のことである。
    ?ライフサイクルの変化
     現代社会におけるライフサイクルの変化は、急速な高齢化に伴い様々な形として現れている。主に以下の4つの変化がみられる。
    (1)家族形態の変化
     この変化の1つに少子化問題がある。厚生省国立保障、人口問題研究所算出の合計特殊出生率によると、昭和23年頃は4.32人であったが、平成16年には1.29人へと大幅に減少している。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「ライフサイクルの変化と高齢者福祉について。」
    高齢者とは、一般に65歳以上の人々のことを指し、さらに前期高齢者(74歳以下)と後期高齢者(75歳以上)に分けられる。
    今日のわが国は、2004年簡易生命表の平均寿命によると男性は78.64 歳、女性は85.59
    歳となり、男女ともに世界最高の水準に達している。これ程までに平均寿命が伸長したのは、医療の進歩、食料の量の向上、労働条件の向上、生活レベルの向上等があるといえる。また高齢化率は約20%を記録し、団塊の世代が高齢者となっていく現在、いよいよ超高齢社会に移り変わろうとしている。
     そこで以下に、ライフサイクルの変化に関することや高齢者の生活問題を述べていきたい。
    <ライフサイクルの変化に関して>
     ライフサイクルとは、生活周期ともいい、人が誕生してから死に至るまでの一連の過程を生活のレベルで捉えた観念のことである。
    ①ライフサイクルの変化
     現代社会におけるライフサイクルの変化は、急速な高齢化に伴い様々な形として現れている。主に以下の4つの変化がみられる。
    (1)家族形態の変化
     この変化の1つに少子化問題がある。厚生省国立保障、人..

    コメント4件

    mayo1018 購入
    しっかり書かれています
    2006/09/04 1:17 (10年3ヶ月前)

    wakabadai 購入
    参考になりました
    2006/09/28 3:56 (10年2ヶ月前)

    hanamikan 購入
    参考になります。
    2007/05/08 7:55 (9年7ヶ月前)

    さとっち 購入
    参考になりました
    2007/08/01 13:58 (9年4ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。