心理学実習 目撃証言

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数2,436
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ?.問題
    犯罪や交通事故のような事件において、目撃証言はかなり重要な証拠として扱われる。しかし、事件の目撃者の証言はどのくらい信用できるものなのであろうか。
     この疑問に答えるべく様々な実験を行ったのがLoftus, Miller & Burns(1978)である。
    彼らの実験は、3段階からなる。

    <第一段階>被験者は交通事故に関する30枚のカラースライドを見せられた。この際、一方のグループには「停止標識(STOP)」の前で停止した赤い車のスライドを、他方のグループには「前方優先道路(YEILD)の標識」の前で停止した赤い車のスライドを見せた。
    <第二段階>被験者全員に20の質問をした。その際、各グループの半数の被験者には「赤い車がSTOPの標識の前で停車しているときに別の車が通り過ぎたか?」という質問、残り半分の被験者には「赤い車がYIELDの標識の前で停車している間に別の車が通り過ぎたか?」という質問をした。
    つまり、各グループの半分(実験群)には目撃した情報と違う誤誘導情報を、残り半数(統制群)には目撃した出来事と一致する情報を与えたのである。
    <第三段階>20分後、強制選択法により再認テストを行った。被験者には15対のスライドが呈示され、被験者は自分が見た方を選択した。

    <結果>段階2で一致情報を与えられた統制群は、被験者の75パーセントが正しい情報を選んだが、実験群では41パーセントしか正しい情報を選べなかった。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    心理学実習Ⅰ
    日常記憶実験
    Ⅰ.問題
    犯罪や交通事故のような事件において、目撃証言はかなり重要な証拠として扱われる。しかし、事件の目撃者の証言はどのくらい信用できるものなのであろうか。
     この疑問に答えるべく様々な実験を行ったのがLoftus, Miller & Burns(1978)である。
    彼らの実験は、3段階からなる。
    <第一段階>被験者は交通事故に関する30枚のカラースライドを見せられた。この際、一方のグループには「停止標識(STOP)」の前で停止した赤い車のスライドを、他方のグループには「前方優先道路(YEILD)の標識」の前で停止した赤い車のスライドを見せた。
    <第二段階>被験者全員に20の質問をした。その際、各グループの半数の被験者には「赤い車がSTOPの標識の前で停車しているときに別の車が通り過ぎたか?」という質問、残り半分の被験者には「赤い車がYIELDの標識の前で停車している間に別の車が通り過ぎたか?」という質問をした。
    つまり、各グループの半分(実験群)には目撃した情報と違う誤誘導情報を、残り半数(統制群)には目撃した出来事と一致する情報を与えたのである。
    <第三..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。