統合失調症における誤解・差別・偏見に関する問題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,732
ダウンロード数14
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    統合失調症は、かつては精神分裂病と呼ばれ、その原因・対処法などに関してあらゆる誤解や差別を招いてきた。それは今なお、続いていると言えるのではないか。私自身、講義で統合失調症の話を聞くまで、統合失調症は心の問題であってカウンセリングで治るものだと思っていたのだから。また、罪を犯した者に精神科通院歴があったことが大々的に報じられることによって、世間に「精神科の患者=いつか人を殺すのではないか」というイメージが植えつけてられてしまったことは否めない。今回、このレポートでは、そんな問題を取り上げながら、統合失調症が持つ問題を深めてみようと思う。

     誤解?統合失調症は精神が分裂している、なんか怖そうな病気。
    これは、統合失調症が精神分裂病という名で呼ばれていた頃にあちこちで招いた誤解であろう。もちろん、この病気は、精神が分裂しているわけではない。脳の機能性疾患から起こり、症状は、幻覚・幻聴・妄想(誇大妄想・被害妄想など)といったものがあげられる。
    確かな知識もないまま、名前だけで病気のイメージ(多重人格っぽい?等)を作ってしまったことから起こった悲劇である。患者やその家族にも、長く苦痛を与え続けてきた。現在は名前も「統合失調症」に変わり、そのような誤解は減ったかもしれないが、かつての名前の印象の方が強い人(確かに、精神分裂病はインパクトのある名前である)の誤解を解くにはまだ時間を要しそうであろう。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    統合失調症における誤解・差別・偏見に関する問題
     統合失調症は、かつては精神分裂病と呼ばれ、その原因・対処法などに関してあらゆる誤解や差別を招いてきた。それは今なお、続いていると言えるのではないか。私自身、講義で統合失調症の話を聞くまで、統合失調症は心の問題であってカウンセリングで治るものだと思っていたのだから。また、罪を犯した者に精神科通院歴があったことが大々的に報じられることによって、世間に「精神科の患者=いつか人を殺すのではないか」というイメージが植えつけてられてしまったことは否めない。今回、このレポートでは、そんな問題を取り上げながら、統合失調症が持つ問題を深めてみようと思う。
     誤解①統合失調症は精神が分裂している、なんか怖そうな病気。
    これは、統合失調症が精神分裂病という名で呼ばれていた頃にあちこちで招いた誤解であろう。もちろん、この病気は、精神が分裂しているわけではない。脳の機能性疾患から起こり、症状は、幻覚・幻聴・妄想(誇大妄想・被害妄想など)といったものがあげられる。
    確かな知識もないまま、名前だけで病気のイメージ(多重人格っぽい?等)を作ってしまったことから起こった..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。