実行の着手

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数343
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    Aは、人通りの少ない住宅街で女性を物色し、ワゴン車で山中へ連れ去って車内で強姦しようと企てた。Xに目を付けたAは、Xを車内に引きずり込み車を発進させたが、Xは車が信号で停車したすきに車から逃げ出して、交番に駆け込んだ。Aは強姦未遂財(177条・179条)の罪責を負うか。

     まず、このあの行為として「人通りの少ない住宅街で女性を物色し、ワゴン車で山中へ連れ去って車内で強姦しようと企てた。」という行為は犯罪準備行為であると考えられるが、犯罪準備行為の処罰根拠は、未遂犯の処罰根拠と同様に、法益侵害をもたらす危険性に求められ、多くの場合は準備行為に内在する法益侵害の危険性は希薄であり現実性にも乏しいと言われなければならず、刑法は犯罪準備行為を原則として処罰しないこととしている。とされているため、この段階ではAに罪責はないと考えられる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     第22回レポート課題 実行の着手
     Aは、人通りの少ない住宅街で女性を物色し、ワゴン車で山中へ連れ去って車内で強姦しようと企てた。Xに目を付けたAは、Xを車内に引きずり込み車を発進させたが、Xは車が信号で停車したすきに車から逃げ出して、交番に駆け込んだ。Aは強姦未遂財(177条・179条)の罪責を負うか。
     まず、このあの行為として「人通りの少ない住宅街で女性を物色し、ワゴン車で山中へ連れ去って車内で強姦しようと企てた。」という行為は犯罪準備行為であると考えられるが、犯罪準備行為の処罰根拠は、未遂犯の処罰根拠と同様に、法益侵害をもたらす危険性に求められ、多くの場合は準備行為に内在する法益侵害..

    コメント1件

    chuo_uni 購入
    100ポイントを使って購入するには…
    2006/07/10 20:57 (10年5ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。