責任能力

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数284
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    Aには酒乱の癖があり、これまでにも酒を飲んで人に傷害を加えたことがあった。ある日、Aは自己の酒乱の癖を利用してXを殺害しようと計画して、一緒に酒を飲もうとXを誘い、高度の病的酩酊下でXを殺害した。Aの罪責を論ぜよ。
     Aが途中で酔いつぶれて寝てしまい、Xがそのまま家に帰った場合にはどうなるか。この場合のAの罪責について論ぜよ。

     この事例においてAがXを「自己の酒乱の癖を利用してXを殺害する」という方法でみずからの意思に基づいて殺人を行ったものとし、刑法第199条 殺人「人を殺した者は、死刑又は無期若しくは五年以上の懲役に処する。」の罪責を負うものと考えられる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     第19回レポート課題 責任能力
     Aには酒乱の癖があり、これまでにも酒を飲んで人に傷害を加えたことがあった。ある日、Aは自己の酒乱の癖を利用してXを殺害しようと計画して、一緒に酒を飲もうとXを誘い、高度の病的酩酊下でXを殺害した。Aの罪責を論ぜよ。
     Aが途中で酔いつぶれて寝てしまい、Xがそのまま家に帰った場合にはどうなるか。この場合のAの罪責について論ぜよ。
     この事例においてAがXを「自己の酒乱の癖を利用してXを殺害する」という方法でみずからの意思に基づいて殺人を行ったものとし、刑法第199条 殺人「人を殺した者は、死刑又は無期若しくは五年以上の懲役に処する。」の罪責を負うものと考えられ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。