緊急避難

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数494
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    医師Xは、腎臓病で瀕死の患者Aを救うために、全身麻酔で肝臓手術中の患者Bから無断で腎臓1個を摘出した。おかげでAは救われた。XはBに対する傷害罪の罪責を負うか。

    この事例は一般的に考えた場合、Bは何の承諾もなく結果的には安全であったものの、一時的には全く本人に関係のないことにより生命の危機にいたり、腎臓という身体を傷害されたものと考えられ、それは無抵抗の者に攻撃するのとさほど変わらない行為と考えられ、刑法第204条 傷害「人の身体を傷害した者は、15年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処する。」が正当であると考えられる

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第17回レポート課題 緊急避難
    医師Xは、腎臓病で瀕死の患者Aを救うために、全身麻酔で肝臓手術中の患者Bから無断で腎臓1個を摘出した。おかげでAは救われた。XはBに対する傷害罪の罪責を負うか。
    この事例は一般的に考えた場合、Bは何の承諾もなく結果的には安全であったものの、一時的には全く本人に関係のないことにより生命の危機にいたり、腎臓という身体を傷害されたものと考えられ、それは無抵抗の者に攻撃するのとさほど変わらない行為と考えられ、刑法第204条 傷害「人の身体を傷害した者は、15年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処する。」が正当であると考えられる
    しかしこの場合XがBをただ理由もなくBの生..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。