心理テストによる自己分析

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数3,272
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1.自己分析に使用した心理テスト
    TAT:絵を見て物語をつくり、それに被験者の投影された主題が示されるというのが
     興味深かったのでここで取り上げる。
    バウムテスト:実のなる木を描き、それが自分の内面の欲求や性格が表出された姿あるというのが興味深かったのでここで取り上げる。
    2.TATの回答からの自己分析
    (?)絵1についての記述
    ?過去:今まで一緒に歩いて帰っていた。
    ?現在:家に帰る道が違うので別れるところ。
    ?未来:二人ともそれぞれの家に帰る。
    分析
    ?全体の雰囲気:
    一緒に下校するというところから、和やかな雰囲気が見て取れる。しかし、絵中の二人の関係性が書かれていない。通常は友人と仮定するものだと思うが、それがないことから私は周囲の人に特別な関心を持っていないものだと推定できる。
    ?気分:
    それぞれ別れる、というところからちょっと一人になってゆっくりしたい気分だったのかもしれない。また、絵中の左側の人物と自分を同一視しているのではないだろうか。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

                              
                    レポート
    自己分析に使用した心理テスト
    TAT:絵を見て物語をつくり、それに被験者の投影された主題が示されるというのが
       興味深かったのでここで取り上げる。
    バウムテスト:実のなる木を描き、それが自分の内面の欲求や性格が表出された姿あるというのが興味深かったのでここで取り上げる。
    TATの回答からの自己分析
    (Ⅰ)絵1についての記述
    ①過去:今まで一緒に歩いて帰っていた。
    ②現在:家に帰る道が違うので別れるところ。
    ③未来:二人ともそれぞれの家に帰る。
    分析
    全体の雰囲気:
    一緒に下校するというところから、和やかな雰囲気が見て取れる。しかし、絵中の二人の関係性が書かれていない。通常は友人と仮定するものだと思うが、それがないことから私は周囲の人に特別な関心を持っていないものだと推定できる。      
    気分:
    それぞれ別れる、というところからちょっと一人になってゆっくりしたい気分だったのかもしれない。また、絵中の左側の人物と自分を同一視しているのではないだろうか。
    欲求不満:
    それぞれの家に帰る、こ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。