「仮面の告白」を読んで

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数634
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    これは三島由紀夫の自伝的小説である。三島由紀夫はこの小説で作家の地位を確立したと言われている。私は以前、三島由紀夫を読もうと思い立って「金閣寺」を読んだはいいが、難解すぎて挫折してしまったという苦い思い出がある。しかし、これは非常に読みやすく、同じ人物が書いたとは思えない文体である。初めて三島由紀夫を読もうとする人にとってはおすすめの作品である。
    内容は、三島由紀夫の幼少期から青年期のできごとが、さまざまなエピソードを交えて書かれているものである。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

                「仮面の告白」を読んで
    これは三島由紀夫の自伝的小説である。三島由紀夫はこの小説で作家の地位を確立したと言われている。私は以前、三島由紀夫を読もうと思い立って「金閣寺」を読んだはいいが、難解すぎて挫折してしまったという苦い思い出がある。しかし、これは非常に読みやすく、同じ人物が書いたとは思えない文体である。初めて三島由紀夫を読もうとする人にとってはおすすめの作品である。
     内容は、三島由紀夫の幼少期から青年期のできごとが、さまざまなエピソードを交えて書かれているものである。主に、その期間に芽生える恋愛感情や性的欲求の移り変わりについてである。しかし彼は同級生たちと違う側..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。