コミュニケーション論課題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数538
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    英語がなぜグローバルランゲージと呼ばれているかということについて考えてみると、グローバル化が進んでいる現代社会では、国際的にコミュニケーションを図るためには必要な言葉は英語という考えがあるからだと考えられる。英語はグローバルランゲージである要因として考えられることは、経済大国であるアメリカに多くの国や企業がアメリカに合わせて経営を行なっていけば成長することができるということに密接に関わっていくことになると考えられるために英語はグローバルランゲージと呼ばれ、世界の共通語と呼ばれるようになった。また、グローバルランゲージの特徴として考えられることは、ある国や企業が新規参入する会社が、英語国に本部を置くとは限らないが、地元の企業との合弁会社を設立するのは一般的になっていて、多くの合弁会社は、英語を会社の共通語とする傾向があるために、英語教育への地元のニーズが高まっている。また、合弁会社の設立では、法的種類や了解事項などの書類を書く必要があるが、国際的な法的書類は英語で書かれている。用語の意味や、責務と権利についての世界的合意があるからである。これに従って弁護士を対象とする専門向け英語訓練の需要が高まってくるということである。例としてあげられるのは、中国では現在、新たな英語講座が次々と開講されているということも事実である。新たに設立された会社はほとんどの場合が国際貿易に関わることが多いために、英語力をもつ販売スタッフやマーケティングスタッフといった支援スタッフが必要となり、英語を使える人間が必要になっている。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    英語はなぜグローバルランゲージと呼ばれているか。グローバルランゲージの定義をし、その特徴を述べよ。
     英語がなぜグローバルランゲージと呼ばれているかということについて考えてみると、グローバル化が進んでいる現代社会では、国際的にコミュニケーションを図るためには必要な言葉は英語という考えがあるからだと考えられる。英語はグローバルランゲージである要因として考えられることは、経済大国であるアメリカに多くの国や企業がアメリカに合わせて経営を行なっていけば成長することができるということに密接に関わっていくことになると考えられるために英語はグローバルランゲージと呼ばれ、世界の共通語と呼ばれるようになった。また、グローバルランゲージの特徴として考えられることは、ある国や企業が新規参入する会社が、英語国に本部を置くとは限らないが、地元の企業との合弁会社を設立するのは一般的になっていて、多くの合弁会社は、英語を会社の共通語とする傾向があるために、英語教育への地元のニーズが高まっている。また、合弁会社の設立では、法的種類や了解事項などの書類を書く必要があるが、国際的な法的書類は英語で書かれている。用語の意味..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。