金融先物取引の種類とその仕組み

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数537
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    はじめに金融先物とは、将来取引する債権、株式、預金などの金融資産の取引価格を現時点で予約する取引である。例えば、6ヶ月後に回収する資金で債権を買おうとするA社は、もし債券価格が6ヶ月後には値上がりしてしまう恐れがあると考えれば、債権先物を現時点で買い、6ヶ月後の値上がりに備えることができるという仕組みになっている。次に金融先物取引の最大の特徴は、取引がすべて取引所を通じて行なわれることである。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    5、金融先物取引の種類とその仕組みについて説明しなさい。
     今回の課題では、金融先物取引とはどのようなものかということについて考えて生きたいと思います。まず、はじめに金融先物とは、将来取引する債権、株式、預金などの金融資産の取引価格を現時点で予約する取引である。例えば、6ヶ月後に回収する資金で債権を買おうとするA社は、もし債券価格が6ヶ月後には値上がりしてしまう恐れがあると考えれば、債権先物を現時点で買い、6ヶ月後の値上がりに備えることができるという仕組みになっている。次に金融先物取引の最大の特徴は、取引がすべて取引所を通じて行なわれることである。取引所取引では、取引が成立しやすくなるために条..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。