法の解釈について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,044
ダウンロード数18
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    法の解釈とは、実定法に含まれている法規範の意義を明確にすることをいう。合理的な決定に到達するための法分野の実践的議論の一分野が法の解釈である。
    法の解釈者たる裁判官の法の解釈は、具体的事実関係のなかから、それに則した具体的に妥当な結論を法規からの理由づけによって正当化する。法の解釈は、正文の文言をその通りに理解することではなく、時に法の創造を行い、正文の奥に秘められた、法そのものの意味、法文の持つ合理的意義、法文によって理解せられるべき事物の客観的道理を究明することが必要だと言える。
    法は抽象的な規範であるため、具体的事実にあてはめて運用されなければならない。これを法の適用という。
    事実の認定は、法の適用の前段階として、客観的事実を人的証拠と物的証拠に基づいて再構成する作業である。事実をどう再構成するかによって、その適用されるべき法が同じであっても、結論が異なったり、適用されるべき法の原則そのものが異なる場合もありうる。
    事実の認定は、証拠によって行われる。人的証拠は、民事の場合、証人(民訴法190条以下)・鑑定人(同212条1項)・当事者本人(同190条・207条以下)の3種類があり、刑事訴訟の場合には証人(刑訴法143条以下)・鑑定人(同165条以下)・通訳人・翻訳人(同175・177条)の4種類がある。
    物的証拠には、書証と検証の2種がある。書証とは、民事訴訟においては文書に記載された思想・意味を証拠資料とする。検証は、民事訴訟の場合、裁判所が直接に物の性質・状態・現象を検査することによって証拠資料を得る証拠調べである。刑事訴訟の場合、裁判所の検証のほかに、操作期間による検証がある.

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    法の解釈について
    法の解釈とは、実定法に含まれている法規範の意義を明確にすることをいう。合理的な決定に到達するための法分野の実践的議論の一分野が法の解釈である。
    法の解釈者たる裁判官の法の解釈は、具体的事実関係のなかから、それに則した具体的に妥当な結論を法規からの理由づけによって正当化する。法の解釈は、正文の文言をその通りに理解することではなく、時に法の創造を行い、正文の奥に秘められた、法そのものの意味、法文の持つ合理的意義、法文によって理解せられるべき事物の客観的道理を究明することが必要だと言える。
    法は抽象的な規範であるため、具体的事実にあてはめて運用されなければならない。これを法の適用という。
    事実の認定は、法の適用の前段階として、客観的事実を人的証拠と物的証拠に基づいて再構成する作業である。事実をどう再構成するかによって、その適用されるべき法が同じであっても、結論が異なったり、適用されるべき法の原則そのものが異なる場合もありうる。
    事実の認定は、証拠によって行われる。人的証拠は、民事の場合、証人(民訴法190条以下)・鑑定人(同212条1項)・当事者本人(同190条・207条以..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。