ICタグについて

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数575
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ーICタグのメリット、デメリットー

    1.はじめに
    ICタグは現在、流通業界などでも従来のバーコードの第二世代として注目されている。また、その用途はバーコードの域を超えさらに顧客にとっても企業にとっても利点の多い応用方法があるとされる。しかし、ICタグの普及には多くの問題を抱えているのも事実である。そこで、ICタグのメリットとデメリットの両面から今後のICタグの展望を考える。
    2.ICタグとは
    ICタグとは、極小のICチップを組み込んだ電子荷札である。ICチップにアンテナを取り付け、読み取り装置などと無線で情報をやり取りする。小さな取り付けスペースがあれば容易に導入でき、複製・偽造が困難という特徴を持っている。ICタグがつけられた複数の対象物の情報を一括に読み取り可能で、また、電波で交信するために汚れ・ほこり等の影響を最小限に抑えることができる。タグの再利用も可能である。しかも、アンテナ側の非接触電力伝送で動作するため、電力が不要になる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ICタグについて
    ーICタグのメリット、デメリットー
    はじめに
    ICタグは現在、流通業界などでも従来のバーコードの第二世代として注目されている。また、その用途はバーコードの域を超えさらに顧客にとっても企業にとっても利点の多い応用方法があるとされる。しかし、ICタグの普及には多くの問題を抱えているのも事実である。そこで、ICタグのメリットとデメリットの両面から今後のICタグの展望を考える。
    ICタグとは
       ICタグとは、極小のICチップを組み込んだ電子荷札である。ICチップにアンテナを取り付け、読み取り装置などと無線で情報をやり取りする。小さな取り付けスペースがあれば容易に導入でき、複製・偽造が困難という特徴を持っている。ICタグがつけられた複数の対象物の情報を一括に読み取り可能で、また、電波で交信するために汚れ・ほこり等の影響を最小限に抑えることができる。タグの再利用も可能である。しかも、アンテナ側の非接触電力伝送で動作するため、電力が不要になる。
    現在のバーコードは最大128桁の番号を用いるが、ICタグは2の128乗桁にのぼる番号の利用が可能で、膨大な情報を記録できる。このため、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。