経営戦略

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数584
ダウンロード数12
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    これからの営業力強化の方向性について、私は、現在では考えられないくらいに、複雑になっていくと思う。
    マーケティングとは何か。まず、マーケティングという言葉から連想されることとして。市場調査・広告宣伝・販売活動などがあげられる。
    そもそも、マーケティングという言葉は市場で取引するという意味の動詞「マーケット(market)」から派生した動名詞であって、20世紀初頭になってアメリカで使われ始めた造語である。したがって、もともと、マーケティングとは商取引とも販売活動とも異なる概念であり、当然、市場調査とも異なる。
    企業の生産力が上がり、消費を上回るようになり、在庫を抱えるようになった企業では、いかにしてその在庫を売りさばくかを考えなければならなかった。そのためには「シェア拡大のための戦略的な販売活動」や「新たな需要創造」が経営手法の中で必要となった。そして、これらの経営手法をまとめる概念としてマーケティングという言葉が使われるようになったのである。
    具体的には、
    ?商業(特に独立した卸売業者)を排除して直接小売を行う。
    ?広告宣伝活動を伴う有標化(ブランド化)によって、製品差別化を行う
    ??によって市場価格(卸問屋を介する一般流通商品の価格)よりも高い価格設定(メーカーが設定した小売価格。いわゆる定価)を行い、高い利益率を確保する
    ?製造業者が直接的に販売員を雇用し、製造業の意思に基づいて販売活動を行う
    などの企業活動が行われたのである。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     これからの営業力強化の方向性について、私は、現在では考えられないくらいに、複雑になっていくと思う。
    マーケティングとは何か。まず、マーケティングという言葉から連想されることとして。市場調査・広告宣伝・販売活動などがあげられる。
    そもそも、マーケティングという言葉は市場で取引するという意味の動詞「マーケット(market)」から派生した動名詞であって、20世紀初頭になってアメリカで使われ始めた造語である。したがって、もともと、マーケティングとは商取引とも販売活動とも異なる概念であり、当然、市場調査とも異なる。
    企業の生産力が上がり、消費を上回るようになり、在庫を抱えるようになった企業では、いかにしてその在庫を売りさばくかを考えなければならなかった。そのためには「シェア拡大のための戦略的な販売活動」や「新たな需要創造」が経営手法の中で必要となった。そして、これらの経営手法をまとめる概念としてマーケティングという言葉が使われるようになったのである。
    特に当初は流通経路を支配し、価格を操作することによってこれらの活動を行おうとすることが多かったため、マーケティング活動をなしうるのは寡占的製造..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。