外食産業についての考察と自らの夢への挑戦

会員2,160円 | 非会員2,592円
ダウンロード カートに入れる
ページ数12
閲覧数1,355
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     外食産業とはなんなのか、ということを表していこうと思う。それまでは産業とつくほど大きな物ではなかった外食が、いかにして産業にまで成長したか、さらに今現在どれくらいの規模にまで発展しているのかという事を述べていこうと思う。
     「外食産業」、この言葉は1970年代に使われ始めた。では、それまでは外食なるものは存在しなかったのだろうか。実は外食というものは、それ以前も特にめずらしい物ではなかったのだった。その前に、外食という行為が成立するための条件を考えてみたいと思う。第一にある程度の貨幣経済の発展、第二に一定の外食需要があり、これに応えようという外食提供事業者がいることが条件となる。このような条件を満たすのは歴史的に見ると都市として発展してきたところである。
     日本の歴史を振り返ってみても同様の事がいえる。なかでも江戸時代、江戸の町では町人文化、職人文化が発展し、「宵越しの金は持たない」といった職人気質を反映した生活スタイルがもてはやされ、外食文化も全面的に開花したのである。振り売りや店舗販売を問わず、そば屋、寿司屋が繁盛し、路上で揚げる天ぷらも人気の一つだった。
     このような外食施設と人々の外食生活の発展は、明治以降も受け継がれ、明治維新、関東大震災、第二次世界大戦など、一時、都市機能が麻痺するような時期もあったが、その直後には旧に倍する都市の発展とともに、外食施設と外食生活の発展が繰り返されてきたのだった。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    外食産業についての考察と自らの夢への挑戦
    1. 外食産業とは?
    2. 外食産業の歴史
    3. .現在の外食産業の現状
    特徴のある企業(就職先含む)
    外食産業における自分の夢
    事業拡大の手段・方法
    まとめ
       はじめに
      このテーマを選んだ理由として、私自身が食に携わる仕事に就くという事。そして食を通してお客様の幸福感を提供する、つまり人を豊かにする事ができる職業であるという事。この外食産業で得た知識・経験を、私の将来の夢である、福祉に携わりたい気持ちに繋げていく為の手段として、外食産業の歴史から未来に興味を持ち、今回の論文のテーマにしようと思いました。
    外食産業とは?
    外食産業の歴史
     外食産業とはなんなのか、ということを表していこうと思う。それまでは産業とつくほど大きな物ではなかった外食が、いかにして産業にまで成長したか、さらに今現在どれくらいの規模にまで発展しているのかという事を述べていこうと思う。
     「外食産業」、この言葉は1970年代に使われ始めた。では、それまでは外食なるものは存在しなかったのだろうか。実は外食というものは、それ以前も特にめずらしい物ではなかったのだった。..

    コメント1件

    shuukatu52 購入
    3章までしか書かれていないので問題外。目次に7章まで載せるからには、最後まで書かないと失礼だと思う。未完成のものを出品するなんて最低だと思う。
    2006/08/23 15:55 (10年3ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。