よりよい学級経営をするために

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数632
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    学級経営の成功と失敗
     学級経営が「成功した」「失敗した」と言うのは、生徒や教師が後から考えてのことである。また、「失敗はしなかった(しかし、成功と言うには足りないところがある)」というのもある。そんな中で、よりよい学級経営をするにはどうしたらよいかを考える。
     学級経営が失敗する要因は大きく分けて3つある。1つ目は教師の極端な力不足。2つ目は教師も含めたクラス全体の無気力さ。3つ目は生徒の一部または全体による暴動や授業妨害である。
     逆に成功する要因も大きく分けて3つある。1つ目は教師の統率力。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    教職演習
    2005/07/19
    よりよい学級経営をするために
    学級経営の成功と失敗
     学級経営が「成功した」「失敗した」と言うのは、生徒や教師が後から考えてのことである。また、「失敗はしなかった(しかし、成功と言うには足りないところがある)」というのもある。そんな中で、よりよい学級経営をするにはどうしたらよいかを考える。
     学級経営が失敗する要因は大きく分けて3つある。1つ目は教師の極端な力不足。2つ目は教師も含めたクラス全体の無気力さ。3つ目は生徒の一部または全体による暴動や授業妨害である。
     逆に成功する要因も大きく分けて3つある。1つ目は教師の統率力。2つ目は団結ができるクラス目標があること。3つ目は、クラスを引っ張っていける生徒が存在すること。これらを図示すると図1のようになる。
    図1.成功と失敗の要因
    図1より分かるように、成功の要因は失敗の要因でもある。教師のリーダーシップの有無、生徒のリーダー格の性格、クラスの雰囲気、この3つである。生徒のリーダー格の性格とは極端に言うと、いい方向にクラスを持っていくか、それとも授業妨害や暴動の中心となるか、ということである。また、クラス..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。