企業とスポーツ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数657
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    今回のレポートでは、アテネ五輪が8月13日に開幕したこともあり、それに関連した8月15日の日本経済新聞朝刊1ページの「企業とスポーツ」について考えていくこととする。
    オリンピックのように公式スポンサーや、競技会の名前に企業名や商品名を使用した大会は現在ではよくあることだ。このような光景がよく見られるようになったのはスポーツに商業主義が入ってきたためである。これに深く関わるのがスポンサー企業だ。
    商業主義とは、スポンサー企業がスポーツを資金面等でサポートすると共に、これを宣伝、広告媒体、販売促進の手段として利用し利益を得ようとすること、あるいはそうした考え方や主張である。商業主義は、1980年頃から登場し始めた。そして、本格的になったのは1984年のロサンゼルスオリンピックである。
    ロサンゼルスオリンピックはロサンゼルス市で行われた議会の中で市の予算をオリンピックに当てる事を禁止し、スポンサー企業からの協賛金、放映権料により大会運営が行われた大会であった。その結果、大会の収支が黒字となったのである。その要因として以下のことがあげられる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    社会経済学特講
    2004年8月15日 日本経済新聞 朝刊1ページ 「企業とスポーツ」
    企業とスポーツ
     今回のレポートでは、アテネ五輪が8月13日に開幕したこともあり、それに関連した8月15日の日本経済新聞朝刊1ページの「企業とスポーツ」について考えていくこととする。
    オリンピックのように公式スポンサーや、競技会の名前に企業名や商品名を使用した大会は現在ではよくあることだ。このような光景がよく見られるようになったのはスポーツに商業主義が入ってきたためである。これに深く関わるのがスポンサー企業だ。
    商業主義とは、スポンサー企業がスポーツを資金面等でサポートすると共に、これを宣伝、広告媒体、販売促..

    コメント1件

    milkybar 購入
    あまり参考にならなかった。
    2006/10/25 15:34 (10年1ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。