米国における遺伝子組換え農作物・食品に対する規制について

会員4,320円 | 非会員5,184円
ダウンロード カートに入れる
ページ数10
閲覧数196
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    米国における遺伝子組換え農作物・食品に対する規制について
    現在のバイオテクノロジーの進歩は目覚しいものがある。このバイオテクノロジーの進歩は、巨大な技術革新であり社会と人々の生活を根底から変えるものであるといえる。
    このレポートでは、米国の遺伝子組換え農作物・食品に対する規制について述べるとともに、消費者の意識を中心に、今後の規制のあり方について述べていくこととする。
    1.米国の遺伝子組換え農作物・食品に対する規制
    日本貿易振興機構の報告によると、遺伝子組換え作物については、農務省(USDA)、環境保護庁(EPA)、健康福祉省食品医薬品局(FDA)の3省庁により規制が行われているとされている。
    この3省庁の関係は86年に出された「バイオテクノロジーの規制に関する調整された枠組み」に基づいており、USDAは、作物に対する害虫、雑草、病害の拡大の防止の観点から、作物そのものについて規制を行い、EPAは、農薬の規制、農薬残留限度の設定、新たな微生物などを所管する立場から、作物および農薬について規制を行い、FDAは、食品・食品添加物、家畜用飼料、医薬品などの安全性について所管する立場から、作物..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。