社会調査における問題についての考察

会員2,160円 | 非会員2,592円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数313
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料に関する説明及び紹介文句を入力してください。
    (検索、露出及び販売にお役立ちます)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    社会調査における問題についての考察
     調査設計を行っていく際の留意点について検討していくこととする。
    1.社会調査における情報開示
    (1)問題の所在
    社会調査の対象となる社会には、地域社会、現代社会といった空間的、時間的範囲があり、その社会には特有の価値判断が存在する。
    社会調査では、それらを属性として区別し、それぞれの属性における特有の価値判断を見極めている。
    (2)現状
    社会調査自体は属性を区別しているが、一般の人々に伝わる情報には、そのような区別は見られない。
    すなわち、与えられた情報に属性に関する内容がなければ、その調査が対象としている属性を理解することは困難であると言える。
    (3)属性の認識における相違
    調査が対象とする属性と、その調査についての情報を受け取る人が想像する属性とが、必ずしも一致しない。
     上記のような属性についての認識の相違は、意図的に利用されてしまう可能性があると言える。
    商品開発における社会調査では、消費者のニーズを把握するという目的以外にも、調査結果についての全ての情報を開示せず、意図的な情報のみを掲載することによって、属性の認識における相違を意図的に利..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。