太陽光発電導入効果についての考察

会員3,240円 | 非会員3,888円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数246
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    太陽光発電導入効果について多角的に検討

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    太陽光発電導入効果についての考察
    1 はじめに
    再生可能エネルギーの普及を図るため、太陽光発電など再生可能エネルギー源(太陽光、風力、水力、地熱等)を用いて発電された電力を、電力会社に一定期間・固定価格で買い取ることを義務付けた「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」が2012年7月1日にスタートした。
    この制度で買い取られた再生可能エネルギー電力は、電力会社の送電網を通じて一般家庭や事業所に供給されている。なお、電気事業者が再生可能エネルギー電力の買取りに要した費用は、電気料金に上乗せされ、広く社会で負担しているものである。
    再生可能エネルギー源は遍在するものの、設置コストが高いことなどの理由により、十分な普及が進んでこなかった。
    この「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」は、エネルギー自給率の向上、地球温暖化対策という目的の実現を目指している。
    再生可能エネルギーの中でも、特に太陽光発電は、エネルギー源が無尽蔵で、設置場所の制約が少ない上、CO2などの温室効果ガスやNO、などの大気汚染物質を排出しないクリーンな発電である。ここでは、この太陽光発電の様々な設置効果について考えていく..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。